資金管理

多くの人が悩むポイント。利確と損切りのタイミングとは?!

この記事は 約240秒で読むことができます

「損切りができない。」という悩みを多くいただきます。ギャンブルや投資でも利確と損切りは切り離せないほど重要な関係にあります!

どちらもタイミングが難しいですが、この両方を制するほど勝てるので、利確と損切りのポイントについて書いていきます。

利確ラインの決め方が上手い人とは?

オンラインカジノは時間があればあるほどプレイできてしまうので、利確ラインに関しても自分で決めなければいけません。

利確ラインの決め方が上手い人は、利確ラインを最初からいくらと決めずに、プレイ時間が終わったら利確などのルールを決めています。

長時間やればやるほどリスクも背負うことになるので、短期集中で行うことがおすすめです。例えば、1日トータル3時間やるとしても朝昼夜の1時間ずつで3回に分けてやった方が結果は良くなります。

長時間プレイはどうしても「利益を多く増やしたい!」という気持ちが高まる一方、疲れるので時間が経つほどあまり真剣にプレイができなくなってしまう、というデメリットがあります。最初は勝っていたとしても、負けに転じることが多くなるのです。なので、もし長時間プレイできる環境だとしても短時間での勝ち逃げが結果的に勝ち続けられるコツになります。

利確ラインはどれくらいにするのがベストなのか?

金額で決める人もいますが、金額を決めるとその金額になるまで無理に頑張ってしまってリスクを取ってしまうため、金額ではなく時間で決めるのがベストです。1時間ほどを1セットとして、そこの時点で収支がいくらになったとしてもやめる。というクセをつけましょう!

もし1日で朝夜やりたい場合は、1時間ずつなどセットで分けるのが良いです。

毎回同じ金額を利確する目標にすると、そこに執着してしまうので、毎回の利確金額は気にしないようにしましょう!

株】ロスカット&利確 計算シミュレーション用ツール

損切りが上手い人とは?

勝っている人は損切りも上手いです。上手いというのは、損切りが早い段階で決断できているため、大きく負けることもないということです。

負けやすい人やトータル収支がマイナスになってしまう人は、損切りが上手くできていないので、損切りのタイミングも遅くなってしまいます。そうすると戻すのも大変ですし、心理的に「戻したい」という気持ちが大きくなるのでドツボにハマっていってしまいます。

上手い人は早期で損切りができるので、トータルでも大きく勝つことができるのです。

損切りのラインはどこに設定すべきか?

これは資金をどれくらい入れているか、何のシステムベットを使用しているかによりますが、マーチンを使用している場合は4回前後での損切り、フラットの場合は3連敗したら、などの基準で決めるのがいいと思います。

マーチン3で損切りの場合:10,20,40,80と賭けていき、連続で負けた場合に10+20+40+80=140ドルの損切りになります。

このように、マーチンの場合は負けが続いてから損切りが多いとマイナス額も増えてしまうため、「危ない・・・」と感じた時には早めの損切りが良いです。

基本的には数日かけて取り戻すことにならない水準がベストです。

1日ずつの勝ちが重要なのではなく、1ヶ月など長期間で考えて勝てればいいので、1日単位での損切りを許容できる人が損切りが上手い人になります。

まとめ

今、利確や損切りに悩んでいた人は参考になったでしょうか?

損切りという考え方は、”一旦損をする”ということ自体に抵抗がある方も多いと思います。そして、1度は損切りができたとしてもそれを継続して意識できるか、という部分も難しいですよね。

短期的ではなく、長期的に勝つためには損切りは必ず必要になるため、目先の利益ではなく長期で利益をしっかり残すことを意識してみてください。

損切りが全てを制す!損切りがどうしてもできない方へ損切りが必要なのは分かっているけれど、損切りができない・・・そんな方は多いと思います。損切りが全てを制すと言っても過言ではないくらい、損...