資金管理

バカラにおける損切り後のスマートな立ち回り

この記事は 約153秒で読むことができます

バカラで損切りするということは、月間利益を残すことへの近道でもあります!
損切り後にどのような立ち回り方をするか、でその後に利益を残せるのか、マイナスが続くのかの差が開きます。

今回は詳しく書いているので参考にしてみてくださいね。

損切り後は「クールダウン」期間が必要

損切り後の状態で最も危険なのは、すぐに取り返そうとする”リベンジ”心理です。

特に連敗が続いた後に損切りをした場合、損失を補填しようと急いで再度ログインしてベットを再開するなど、さらなる損失を招きやすいです。

冷静に取り戻したいと思わないまで時間を空ける「クールダウン」期間を設け、再度戦略を練り直すことが重要です。
損切りの後は失敗の原因を分析し、どのように改善するべきかを検討する時間を作りましょう。

資金管理の見直しと戦略の再設定

損切り後は資金管理の方針も見直すべきです。

残高に対しての賭け金をどのように設定するかを再考することが重要です。
例えば、高額なベットなどをしていた方は控え、低額なベットで安全にプレーする、あるいは賭ける回数を減らすなど、資金の配分を工夫することが求められます。

資金管理の決め方として、例えば損切りが3日連続で来たとしても耐えられる金額か?ということを参考にしてください。損切りが3日連続で来た場合に不安になるようであれば、その賭け金額は適していないため、変更しましょう!

 「エントリーポイント」を絞る

損切り後に再びバカラでプレイする際には、明確な条件とタイミングを設定することが重要です。
それは「エントリーポイント」を絞ることです。具体的な条件が整ったときだけ賭けることで、感情に流されずに計画通りに進められます。
条件としては、例えば一定時間以上の休憩を取る、あるいは損切り後の損失分を取り返すためにはどれだけの勝率が必要かを計算して、その数値が実現可能かを評価する、などです。

このように負けた後に考え直すことは沢山あります。
「負けたから悔しい」だけでは、その後にも勝てるようにならないのです。

まとめ

このようにして、損切り後の心理状態を整理し、資金管理と戦略を再設定、そして慎重に再開するタイミングを選ぶことで、損失を最小限に抑え、次なる勝利に繋げていくことができます。

特に、損切り後はメンタル部分が不安定になりやすいので早めに回復することが大切です。

公式ラインでは無料相談を受けているので、小さなことでも質問がある方はご連絡ください♫