資金管理

損切りが全てを制す!損切りがどうしてもできない方へ

この記事は 約231秒で読むことができます

損切りが必要なのは分かっているけれど、損切りができない・・・そんな方は多いと思います。損切りが全てを制すと言っても過言ではないくらい、損切りは利益を増やしていく上で大切です。

何億円というトレーダーになった方も「損切りが早い事が重要」とみなさん口を揃えて言います。ですが、それを聞いた人でも損切りがなかなかできず、オールインしてしまったり、大きく利益を減らしてしまう人がいます。

今回は「自分は損切りが苦手である」という方に是非読んでほしいです。

なぜ損切りができないのか?

損切りができないのは、負けた時の自分が許容できないからです。これ以上やったら危ないと実感をしていながらも衝動を止められず、損切りができずに更に傷を深めてしまいます。バカラは自分の欲との戦いなのです。

負けが続いてきたときに

・オールインしてしまう。
・ベット額を引き上げて取り戻そうとする。
・取り戻すために長時間プレイしてしまう。

このような経験はないでしょうか?

負けた時の心境というのは、メンタルが不安定になっているので判断も鈍ります。そのため、負けが続いている時のオールインや長時間プレイをした際には、勝つベットができないことが殆どです。運が良く、オールインが当たったとしても同じような行動を続けていれば破滅がきます。これも脳裏に「あの時は勝った!」という記憶が焼きついているので、同じ行動を取ってしまうのです。ですが、自分が運はそんなに長く続かないのが現実です。

オールインなどの癖が付いてしまうと、より一層「損切り」ができなくなってしまうので悪循環となります。

まずは「損切り癖」をつけることが勝つ続けることへの一歩になります。

損切りができるようには何から始めればいい?

まずは、”「毎日勝ちたい!」と思わないこと。”
勝ちたいと思ってバカラをやっているんだ!!と思う方が多いと思いますが、この意識がすごく重要なポイントになります。
オンラインカジノは勝つためにやっているのに、「勝ちを狙いに行かない・」ということは反対の心理のため難しいですが、この意識をつけるだけで結果が大きく変化します。

株やFXでもプロのトレーダーは「毎日勝ちたい!お金!利益!」と思いながらやっていますでしょうか?

違いますよね。プロの人は「毎日勝ちたい!」とは思っていません。
状況が悪い時は、傷が浅い時に早く撤退してトータルで勝つことを重要視しています。毎日勝ち続けられないことを理解しながら、損切りをしっかり行っています調子が悪い日の負けを認めるだけで月間での収支は良くなるのです。

損切りができて、やっと一人前の投資家になれるのと同じです。

具体的にはどれくらいを損切りが良い?

それは入金している資金にもよりますが、その損を2、3日で取り戻せる額を基準に最初は慣れていくのがいいでしょう。

例えば、毎日3000円の利益が出ていたとします。

3000円×30日だと90,000円です。もし損切りが月に5日の場合でも、60,000円の利益は残ります。しかし、損切りせずにそれまでの利益を飛ばしてしまえばゼロになります。

損が膨らんで、損切りができなくなる基準(手遅れ)になる前に早めに損切りすることが重要です。損切りはタイミングが遅れると心理的にもできなくなるため、更にマイナスな行動を取ってしまいます・・

 

一日ごとに一喜一憂せずに、長期で利益を上げていくようにするためには「損切り」が大切です。しっかり損切りをしながら利益を上げていきましょう!

多くの人が悩むポイント。利確と損切りのタイミングとは?!「損切りができない。」という悩みを多くいただきます。ギャンブルや投資でも利確と損切りは切り離せないほど重要な関係にあります! どち...